身長別、似合うトートタイプのビジネスバックのサイズ基準

ビジネスバックは業務の多様化、ITの技術発達で様々なバリエーションのバックが増えてきています。トートタイプもその一つで、男女問わず、「ビジネストート」というカテゴリーもネットショッピングで見かけるようになりました。

材質、色などでは普段の通勤時にも、取引先に出婿時でも使用できる、同じデザインでも素材や色を変えることでビジネスでもプライベートでも使うことが出来るバックが増えており、一般社会にも認知されるようになってきました。

ビジネスバックというと色は黒、もしくは濃紺などが主流でした。時代と共にバックの中に入れるものに変化があり、その変化に見合った容量のものを持ち歩くとなると、体への負担を減らす、素材を軽くするなどのニーズが生まれてきました。

トートタイプは大容量で書類のみならず、財布やパソコンなどを持ち歩く為に一つにまとめるには一番わかりやすいデザインといえるでしょう。ストラップの長さを調整すると肩から提げることが出来るショルダーバックになり、デイパックのように背中に背負うことが出来るようになるストラップがついているものもあります。

ビジネスバックのトートタイプに多いのが、「大容量」というものです。実際パソコンを入れて書類を入れて、ペットボトルの飲み物を入れて財布や手帳などを入れてもまだ余裕があるというものです。ブリーフケースのように間仕切りがないため何でも一つにまとめて持ち歩くニーズに応えるものが多いのも特徴です。

トートバックに多いのがショルダーバックスタイルです。ビジネスではショルダーバックというと女性ものを想像することが多いようですが、持ち歩く荷物の量が多い男性にも人気があります。ビジネスバックで高級感を出そうとすると革素材が一般的です。しかし革素材そのものの重さを敬遠する人はナイロンなども選択肢に入るようですが、ショッピングバックのような薄い素材では頼りなく見えてしまうので、デザインに工夫が必要になります。

ビジネスバックのカラーバリエーションはかつての黒一辺倒から変わり、黒、濃紺、茶はビジネスに、白、カーキなどは普段使いに使い分けることができるのも特徴の一つです。また黒、濃紺の単色だと重くなってしまうと感じている人はストライプなどの模様がプリントされているタイプを選ぶといいでしょう。ストラップの素材も、革バックに革のストラップだけではなく、バック本体は帆布などの丈夫な布に革のストラップを使用したものなどがあります。

バリエーション豊富なバック、複数個を使い分けるようになるとより便利になるでしょう。